40代のママ友がカラコンして現れた

3年ほど前の朝でした。「あれ?新聞の文字が読みづらい」と感じたのが始まりでした。ついに老眼です。

文章を追うにも食事するにもとても目が疲れるのです。その日から、目の使い過ぎに気をつけ、必要のないTVやPCは見ないで、大好きな読書は、時間を決めて、とても目を大事にしています。就寝前には、温めたタオルを使って、目に乗せて、温めてから寝ます。

日々の生活スタイルになっているので、だいぶ疲労感はなくなりました。現代社会はテレビの他に携帯電話やスマホ、タブレットなど色々なタイミングで液晶画面を見る機会が増えました。

職場でもパソコンは必須アイテムで、多くの人が目の疲労を感じています。最近ではブルーベリーにたくさん入っているといわれている成分のアントシアニンが含まれたサプリメントや健康食品の種類が増えてきています。ここ最近目の調子が悪いという人のためにも、大好評の品物となっており、たくさんのメーカーさんが気合をいれています。

仕事柄パソコンを良く使うため目が悪く、疲れ目になりやすいタイプです。

眼精疲労の回復のために、時々蒸しタオルを使い目を温めたり、遠くを眺めたり、瞳を動かし目を運動させるなどしても疲れを取るのに良いです。また、眼精疲労は疲れているのが目だけではなく、肩こりや体の歪みによる姿勢も関係ありますので、ストレッチを行い全身を動かして血流を良くする方が効果があります。

全身のバランスを整える気持ちで行うとが大切なのです。
目の健康については、現代の人は注意をしなければならない状態になっていると思います。

時間さえあればスマートフォンを操作する、スマホ依存になっている人が数多くいるからです、しかも意識していないうちにです。

当然のようにスマホを使っている現代人は、症状に気付かずに目が悪くなる状態が進行しています。
おまけに昔と比べて自然も少なく、パソコンやスマフォなどの画面ばかりを見続けてしまうことが増加したので、当然目は悪くなるばかりです。今やドラッグストアやネットを使って簡単にコンタクトを手に入れることができる時代です。

それゆえ思い違った使用方法で、眼病になる人も増えています。
長時間のスマホやパソコン作業により、目に疲労がたまったり、ドライアイの症状になる人も急に増加しています。

近いところばかりを見ると、筋肉がかたくなり近視の原因にもなります1時間に10分程度は目を休め、目のストレッチで血行をよくする事で、眼精疲労は軽減されますよ!蒸しタオルで目の回りを温めるのも効果的です。視力の落ちる原因は、遺伝もあると言われます。両親が近眼なので中学生時代から徐々に視力が悪くなりはじめて、今では視力検査時に看護師の方が持っているカードで測定しています。「0.0.いくつ」の世界なのです・・・これ以上悪化しないように休憩時には遠くの景色を見たり、ホットアイマスクをして目の疲労を取目の回りの筋肉をほぐしたり対策をしています。視力改善とはいきませんが目の疲れは取れやすくなったようです。
パソコンでインターネット上の記事をずっと見ていたら、2、3年前までは何ともなかったのですが、近頃は頭痛とともに目の奥がズーンとするようになりました。

眼科で診療しても異常はなく眼精疲労に効く目薬を処方していただきました。しかし、目薬をさしてもその場しのぎなだけでPCを見ているとまた目が重くなります。いろいろ検索して目に効果のあるサプリメントとして、目には、ブルーベリーとルテインが良いとの情報が多くこれらが入っているサプリメントを利用しています。
最近スマホをよく触るようになり、ゲームなどで長時間触っていると目がショボショボしてくる症状がこれが眼精疲労だとこの前知りました。
眼精疲労も悪くなれば、肩こりや頭痛の原因になるようですね。目がショボショボした時に手軽にできる対策としてツボ押しがあります。
ツボは清明という場所で、目頭と鼻の先の間を押すのですが、効果が一番に感じられて、目の疲れをなくすことができます。
私はトラックのドライバーをしているのですが、明らかに20代の頃と比べて目の見え方が変わりました。遠くの看板も20代の頃は見えていましたが、現在では遠方の看板はぼやけて見えて、それなりに近づいて来ないと見えなくなりました。

ですから運転中は目が疲れます。目の疲れ予防策として、休憩時間や荷物待ちの時間などを利用して「温かくなるアイマスク」を活用しています。

温かさが目の疲れによく効き、とてもすっきりします。

眼精疲労の回復のためには、作業の合間にほんの少しの時間でも、眼を一旦休憩させることが必要です。パソコンやテレビから眼を離し、眼を閉じて3分ほどその状態を保ちます。
時折、両手で眼球を軽くマッサージするのも気持ちいいです。

これを一時間ごとに繰り返すことで随分、眼精疲労は軽減されます。

重い疲れ目にはハンカチなどを濡らしてしぼり、まぶたの上に乗せるのが効果的です。目をキョロキョロ動かすだけで改善されます。